サポートしてくれる

以前は

みなさんが住宅を売る場合、自分で買主を探すことができればベストです。しかし、ほとんどの人は自分で買主を探すことはできないため、不動産業者(仲介業者)に買主探しを依頼します。 仲介業者が買主を探して売買契約を締結すると、報酬として売主に対して仲介手数料を請求することができます。仲介手数料は宅地建物取引業法に規定があり、売買代金によって手数料率は異なります。 不動産業者の多くが仲介業者であり、彼らの目的は「仲介手数料を稼ぐこと」です。したがって、「仲介手数料無料」などは、以前では考えられないことでした。 ところが、インターネットが普及して以来、売主側の仲介手数料無料をセールスポイントとする仲介業者が増加してきたのです。

仲介手数料が無料になる傾向

なぜ、仲介手数料無料といったことが可能なのでしょうか。 仲介手数料無料が可能となる原因は、「売主側からは仲介手数料無料であっても、買主から正規仲介手数料をもらえればよい」と考える仲介業者が増えてきたためです。つまり、仲介業者にとってみれば売主との間で専任媒介契約を締結することができれば、自分で買主を探して売買契約さえ成立させることができれば、少なくとも買主からは仲介手数料をもらえるわけです。 仲介手数料は売買契約が成立してはじめて受領する権利を得られるわけですから、売買が成立しないと全く意味がないことになります。そこで、売主に対して仲介手数料無料をセールスポイントとして、物件の囲い込みを行うわけです。この傾向は今後も継続することでしょう。